fbpx

Monthly Archives: 2月 2019

Fasching

2019-02-18T17:20:14+02:00

皆さんはFaschingをご存知ですか?Fasching はカーニバルとも呼ばれ、日本語では謝肉祭と言います。これはキリスト教のお祭りの1つで、毎年イースター(復活祭)の約7週間前に何日かかけてお祝いされます。ちなみに今年は2月28日にお祭りが始まります。 歴史Faschingの始まりは西暦600年頃にまで遡ります。そもそもイースターと呼ばれる復活祭は、イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなってから3日後に復活したことをお祝いするお祭りですが、その復活祭から46日前に四旬節が始まります。この 四旬節が始まる日は"Aschermittwoch"=灰の水曜日と呼ばれ、この日を境に断食期間が始まります。今日ではそこまで厳しくありませんが、断食の期間中カトリック教徒はアルコールや肉、魚、乳製品等を摂りません。この断食をすることにより、イエス・キリストの死を考え、人々はもう一度食べることや飲むことを味わうことができるようになると考えられています。また、断食が始まる前の謝肉祭は元々この灰の水曜日の前日に祝われていましたが、次第に長くなっていき、1月6日に始まったり、11月11日に始まる地域もあるそうです。 カーニバル(謝肉祭)謝肉祭のハイライトは四旬節最後の6日間で、人々はいろいろなコスチュームを着て盛大にお祝いをします。特に前日の火曜日は、"Narrenfastnacht"=「阿呆の謝肉祭」と呼ばれ、次の日から始まる断食の前にたくさんおいしい物を食べたり飲んだりして、盛大にどんちゃん騒ぎをします。 [...]

Fasching2019-02-18T17:20:14+02:00

バレンタイン

2019-02-06T16:59:18+02:00

先週より2月に入り、後1週間もすればバレンタインですね。さて、今回はバレンタインの歴史とウィーンのチョコレート店、そしてケーキ用レシピで勉強出来るドイツ語をビデオと共にご紹介します!バレンタインの始まりバレンタインの歴史は、古代ローマにまで遡ります。その当時結婚は禁じられていましたが、兵士と愛する女性との結婚式をひそかに行っていたのが、聖職者ウァレンティヌス=バレンタインでした。そしてそのウァレンティヌスの命日が2月14日とされています。諸説ありますが、その後ウァレンティヌスは恋人たちの守護聖人とされ、その命日である2月14日が記念日としてお祝いされるようになりました。ヨーロッパのバレンタインデーヨーロッパでは、特にイギリスでは昔からバレンタインにカードを贈りあったり、男性から花束をプレゼントする習慣がありました。その後ヨーロッパ各地にも広がり、現在は花束のプレゼントをしたり、恋人同士、夫婦で一緒に食事をしたりします。 バレンタインとチョコレートバレンタインの文化はヨーロッパからアメリカ、そしてアジアにも広がっていきました。日本では1936年に洋菓子の名店モロゾフが売り出したのをきっかけに、1950年以降に今度はメリーが「バレンタインは女性から男性へチョコを贈ろう」というフレーズでセールを行い、女性から男性にチョコレートをプレゼントする習慣が根付いていきました。 ウィーンでチョコレート買うならウィーンにはご存知の通り、おいしいチョコレートがたくさんありますよね。せっかくのバレンタインデーなら特別なチョコレートを贈りたいと思いませんか?そこでウィーンでおいしいチョコレートを購入できるお店を5店舗ご紹介いたします!・Hussel WienではMariahilferstraßeにあります。・Heiner・Fabienne・Sluka・Gerstnerウィーンには他にもたくさんチョコレート屋さんがありますので、ぜひ足を運んでみて下さいね! もし自分で作るなら私は毎年作っている、という方、ドイツ語の勉強のために今年はドイツ語のレシピで作ってみませんか?実はレシピを見ながら料理やお菓子を作ることは、語学を勉強するのにとてもいい方法なんです。毎回出てくる単語は同じようなもので、何回もやっている内に自然に覚えることができるのです。ということで今回は、レシピによく登場する単語や言い回しを勉強しましょう! [...]

バレンタイン2019-02-06T16:59:18+02:00
Go to Top